特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「何が何でも点を決める」 恩師感じた浅野拓磨の覚悟 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
日本代表FW浅野拓磨の四日市中央工業高校時代を振り返る、樋口士郎さん=三重県鈴鹿市で2022年11月9日午後4時35分、原諒馬撮影
日本代表FW浅野拓磨の四日市中央工業高校時代を振り返る、樋口士郎さん=三重県鈴鹿市で2022年11月9日午後4時35分、原諒馬撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本は23日、強豪・ドイツとの初戦を迎える。日本代表のFW浅野拓磨(28)=ボーフム、三重県菰野町出身=が通った同県立四日市中央工業高校は、第90回全国高校サッカー選手権大会で準優勝するなどした名門校で、これまでもOBが日本代表に選ばれてきたが、FWは浅野が初めてという。2018年度まで24年間、同校監督を務め浅野も指導した樋口士郎さん(63)は「相手が格上だと認めつつも、絶対に好機はあるのだと諦めない気持ちを持ってほしい」と愛弟子の活躍を祈る。【原諒馬】

 1995年に同校監督に就任した樋口さんがまず取り組んだのが、自主練習時間の確保だった。

この記事は有料記事です。

残り821文字(全文1119文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集