来年初場所 横綱1人、大関1人の可能性 125年ぶり異常事態

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
翠富士(右)が寄り切りで御嶽海を破る=福岡国際センターで2022年11月22日、徳野仁子撮影
翠富士(右)が寄り切りで御嶽海を破る=福岡国際センターで2022年11月22日、徳野仁子撮影

 御嶽海の1場所での大関復帰が消滅し、正代は4勝6敗とカド番脱出に向けて苦境が続く。来年1月の初場所は1横綱1大関という寂しい番付に陥る可能性がある。現実になれば、1898年1月の春場所以来で125年ぶりの異常事態だ。

 今年はここまでの5場所で大関以上が賜杯を抱いたのは夏場所の照ノ富士だけ。一人横綱…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

ニュース特集