特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

メッシ、夢へのラストチャンス「最後のW杯」は黒星でスタート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【アルゼンチン-サウジアラビア】前半、先制ゴールとなるPKを決めるアルゼンチンのリオネル・メッシ=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月22日、藤井達也撮影
【アルゼンチン-サウジアラビア】前半、先制ゴールとなるPKを決めるアルゼンチンのリオネル・メッシ=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月22日、藤井達也撮影

 誰もが知る世界的スターが「最後のW杯」のピッチに立った。アルゼンチンのメッシが「夢を現実にするためのラストチャンス」と位置づける大会のスタートには黒星がついた。

 史上最多に並ぶ5大会連続の舞台。その名がコールされると、地鳴りのような歓声がスタジアムを包み込んだ。

 開始すぐに、観衆をさらに熱狂させた。前半10分ごろ、ゴール前で味方が倒されてPKを奪取。キッカーのメッシはゆっくりと助走して確実にゴールへ流し込み、先制した。自身W杯通算20試合目でマークした7得点目に跳び上がって歓喜し、仲間たちと抱擁した。

 だが、追加点が遠い。サウジアラビアのマークをかわせず、ゴール前でボールを失った。13分余りに及んだ後半アディショナルタイムもむなしく過ぎ、試合終了の笛を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文765文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集