屋台ひしめく福岡・中洲前にNY発ナイトクラブ出現 その狙いは?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
010 BUILDINGの劇場「THEATER 010」のイメージ=Zero-Ten提供
010 BUILDINGの劇場「THEATER 010」のイメージ=Zero-Ten提供

 九州最大の歓楽街、福岡市の中洲といえば、屋台やスナックなどがひしめく夜の街。演歌と歌謡曲がよく似合う街の目の前に、米ニューヨーク発の本格的なショーが楽しめるエンターテインメント施設がオープンする。福岡市では海外の名門ジャズクラブが撤退してしまった過去もあるが、中洲のイメージと対照的とも思える新たなナイトスポットはこの街になじむことができるのだろうか。

新しいスタイルのカルチャーを

 「世界最先端のショーと食を融合した文化の発信」。そんなコンセプトを掲げる「010 BUILDING(ゼロイチゼロ ビルディング)」が12月1日、中洲にほど近いエリアにオープンする。

 立地は、大型商業施設「キャナルシティ博多」に隣接する那珂川沿い。らせん形のユニークなデザインの3階建てビルに、劇場、バー、レストラン2店が入る。

 劇場の「THEATER 010(シアター ゼロイチゼロ)」は、観客が舞台上の出演者を鑑賞する伝統的なショーとは異なり、観客も登場人物となって物語に参加する「イマーシブシアター(没入型演劇)」と呼ばれる形式のショーを楽しめる。イマーシブシアターは、2000年代にロンドンで始まり、世界的な人気が高まっている。この劇場では食事をしながら観劇できるのが特徴だ。

 010ビルの劇場は、ニューヨークの有名な高級ナイトクラブ「THE BOX」のクリエーターらがプロデュースする。…

この記事は有料記事です。

残り1414文字(全文2003文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集