ICANのフィン事務局長が退任へ 核兵器禁止条約の成立に貢献

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
核兵器禁止条約の初の締約国会議が閉幕を迎え、笑顔を見せる国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(右)ら=ウィーンで2022年6月23日、隅俊之撮影
核兵器禁止条約の初の締約国会議が閉幕を迎え、笑顔を見せる国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN)のベアトリス・フィン事務局長(右)ら=ウィーンで2022年6月23日、隅俊之撮影

 核兵器禁止条約を推進する核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)は22日、ICANを9年間にわたって率いてきたベアトリス・フィン事務局長が来年1月末で退任すると発表した。2月1日以降、後任が決まるまでキャンペーンコーディネーターのダニエル・ホグスタ氏が代行を務める。

 フィン氏は2014年に事務局長に就任。それ以降、ICANは世界中に組織を拡大させ、ICANによると現在は110カ国650以上のパートナー団体で構成されている。フィン氏は17年に国連…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

ニュース特集