イランが重大な核合意違反 別施設でも濃縮ウラン製造、大幅拡大へ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
イラン国旗=テヘランで2021年6月17日、真野森作撮影
イラン国旗=テヘランで2021年6月17日、真野森作撮影

 国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は22日、イランが中部ナタンツの施設に加え、中部フォルドゥの施設でも濃縮度60%のウラン製造を始めたと加盟国に報告した。核兵器級の90%に近づく重大なイラン核合意違反に当たる。関係筋が明らかにした。

 イラン核合意は濃縮度の上限を3・67%と定めている。核合意修復に向けた米国とイランの間接協議は停滞しており、さらなる…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

ニュース特集