エルサレムで爆弾テロ 20人以上死傷 パレスチナ人武装組織関与か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
爆弾テロが起きたエルサレムのバス停付近=エルサレムで2022年11月23日午前8時23分、三木幸治撮影
爆弾テロが起きたエルサレムのバス停付近=エルサレムで2022年11月23日午前8時23分、三木幸治撮影

 エルサレムで23日朝、2件の爆弾テロがあり、1人が死亡、少なくとも22人が重軽傷を負った。エルサレムで爆弾テロがあったのは2016年以来。爆弾は遠隔操作されたとみられ、パレスチナ人武装組織の関与が疑われている。

 事件は23日午前7時過ぎ、通勤・通学の市民で混み合う二つのバス停で連続して発生。かばんに入った爆弾が爆発したとみられる。エルサレムではローンウルフ(単独犯)によるナイフなどを使ったテロはたびたび起きているが、組織的なテロだとすれば近年…

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文560文字)

あわせて読みたい

ニュース特集