特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

フランス、史上3チーム目の連覇なるか 逆転劇で4発好発進

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【フランス-オーストラリア】前半、同点ゴールを決めるフランスのアドリアン・ラビオ(右)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年11月22日、宮武祐希撮影
【フランス-オーストラリア】前半、同点ゴールを決めるフランスのアドリアン・ラビオ(右)=カタール・アルワクラのアルジャヌーブ競技場で2022年11月22日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグD組は22日、前回大会覇者のフランスが4―1でオーストラリアを降した。

 エンジンのかかりは遅かった。だが、目が覚めてからの盤石の試合運びはさすがに前回王者だ。主力をけがで欠くフランスが、垂れこめていた暗雲を振り払う4発の好発進を見せた。

 3大会連続で前回覇者が1次リーグ敗退中という重圧もあったのか、試合序盤はパスミスなど、らしからぬ場面も目に付いた。前半9分にはオーストラリアの大胆なサイドチェンジから先制を許した。主導権を握られ嫌な予感が漂ったかにも見えたが、時計の針が進むにつれて連係が深まり、流れるような攻撃が研ぎ澄まされ…

この記事は有料記事です。

残り440文字(全文733文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集