特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

サウジがアルゼンチンに「史上最大の番狂わせ」 W杯史に残る衝撃

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【アルゼンチン-サウジアラビア】後半、FKが枠を外れ悔しがるアルゼンチンのリオネル・メッシ(中央)=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月22日、藤井達也撮影
【アルゼンチン-サウジアラビア】後半、FKが枠を外れ悔しがるアルゼンチンのリオネル・メッシ(中央)=カタール・ルサイルのルサイル競技場で2022年11月22日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグC組は22日、同国ルサイルのルサイル競技場で、サウジアラビアが2―1でアルゼンチンに逆転勝利した。

 「史上最大の番狂わせ」。米国の大手データ会社は、W杯史に残る波乱と位置づけた。同点ゴールで立役者の一人になったサウジアラビアのシェヘリは試合後、開口一番に「アメージング」と興奮した様子で振り返った。

 0―1で迎えた後半開始早々、ワンチャンスを仕留めた。ハーフウエーライン付近でボールを奪った味方の縦パスに反応すると、ペナルティーエリア左へ進入。角度のない位置で倒れ込みながら左足を振り抜いた。相手DFの股を抜いたボールが右隅へ吸い込まれると、仲間たちと抱擁し、神へ祈りをささげた。そして5分後に味方がもう1点を加えた。

この記事は有料記事です。

残り426文字(全文763文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集