特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

カタールW杯でも注目集まるVAR 審判委員長が語る良い点と悪い点

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
Jリーグで主審を務めていたころの日本サッカー協会の扇谷健司審判委員長=埼玉スタジアムで2014年7月19日午後6時3分、大島祥平撮影
Jリーグで主審を務めていたころの日本サッカー協会の扇谷健司審判委員長=埼玉スタジアムで2014年7月19日午後6時3分、大島祥平撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で前回2018年ロシア大会に続いて採用された「ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)」。主審の判定を映像で補助する技術について、当事者の審判員はどう見ているのか。

 Jリーグでも21年からJ1を中心に本格的に導入されており、日本サッカー協会の扇谷健司審判委員長は「良い部分、悪い部分がある」と語る。…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集