特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

football life

きっかけは求人誌 7大会連続W杯の日本代表「キットスタッフ」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
練習用具を運ぶ麻生英雄さん=カタール・ドーハで2022年11月13日、宮武祐希撮影
練習用具を運ぶ麻生英雄さん=カタール・ドーハで2022年11月13日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)で日本が初出場した1998年フランス大会以降の7大会すべてで「ベンチ入り」を果たした人がいる。「キットスタッフ」の肩書で選手たちのユニホームなどを用意する麻生英雄さん(47)だ。11月23日の1次リーグ初戦、ドイツ戦後に日本のロッカールームがきれいに整頓されていたことが話題を呼んだが、それにも関わっている。日本代表の歴史の生き証人は、偶然見かけた求人雑誌がきっかけでサッカーの世界に飛び込んだ。

 神奈川県出身の麻生さんは高校卒業後、求人雑誌で横浜フリューゲルス(98年シーズン限りで消滅。現横浜F・マリノス)がアシスタントマネジャーを募集していることを知り、応募した。実はサッカーの経験がない。「Jリーグの存在は知っていたので、面白そうだなと思って応募したのが始まり」と明かす。

この記事は有料記事です。

残り969文字(全文1326文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集