連載

検証

ニュースの背景を解説、深掘りリポート。

連載一覧

検証

旧統一教会 文鮮明氏、1998年発言(その1) 日本の貯金、教会のもの

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 1998年3月、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の創始者、文鮮明(ムンソンミョン)氏(2012年に死去)が韓国内で信者に向けて行った説教の中で、日本国内の預貯金は「皆さんのためのもの」と語っていた。約53年分にわたり韓国語で記された文氏の発言録615巻の中から毎日新聞が当該部分の記述を翻訳・確認し、判明した。

 現在、教団は日本と韓国の関係を「対等に見ている」と強調する。また、発言録は「信者の拝読用で、信者の行動指針として特別に使われることはない」(日本の教団広報部)と説明する。しかし、文氏は日本の信者に貯金通帳を提供するよう示唆する発言もしており、少なくとも教祖が当時の日本を「資金源」とみなしていた姿が浮かび上がった。

この記事は有料記事です。

残り628文字(全文943文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集