松本総務相、政治資金「適切に処理」と強調 規正法違反疑惑

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松本剛明氏=幸長由子撮影
松本剛明氏=幸長由子撮影

 自民党の松本剛明総務相は24日の衆院総務委員会で、自身の資金管理団体に関する政治資金規正法違反疑惑について「同法にのっとり、適切に処理している」と重ねて強調した。松本氏を巡っては、資金管理団体が会場収容人数を超えるパーティー券を販売し、同法違反の疑いがあると共産党機関紙「しんぶん赤旗」が報じている。

 松本氏は総務委で、パーティーに出席した人数を問われたものの、明言を避けた。「法に定められた事項は全て報告している」と述べるにとどめた。共産党の宮本岳志氏への答弁。

この記事は有料記事です。

残り166文字(全文399文字)

あわせて読みたい

ニュース特集