中韓産「溶融亜鉛めっき鉄線」に不当廉売関税 財務省、5年間

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影
財務省の庁舎=東京・霞が関で、赤間清広撮影

 財務省は24日、中国、韓国がそれぞれの国産の「溶融亜鉛めっき鉄線」を不当に安い価格で輸出しているとして、不当廉売関税を5年間、課す方針を決めた。税率は中国産が26・5~41・7%、韓国産が9・8~24・5%。溶融亜鉛めっき鉄線はフェンスや落石防護柵などの金網類や有刺鉄線に使われる。

 24日に開いた財務省の関税・外国為替等…

この記事は有料記事です。

残り103文字(全文265文字)

あわせて読みたい

ニュース特集