ヒット番付、東の横綱に大谷翔平選手 西の横綱は「値上げ対策」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
大谷翔平選手=2022年10月18日、和田大典撮影 拡大
大谷翔平選手=2022年10月18日、和田大典撮影

 三井住友銀行系のコンサル会社「SMBCコンサルティング」は24日、2022年に注目された出来事や商品をまとめたヒット商品番付を発表した。最高位の東の横綱には、約100年ぶりに2桁勝利、2桁本塁打を達成した米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平選手を選出した。

 東の張出横綱には、ヤクルトの村上宗隆選手が王貞治氏の最多本塁打記録を58年ぶりに更新するなど、日本の「プロ野球記録ラッシュ」が続いた。同社は、新型コロナウイルスの感染拡大やロシアのウクライナ侵攻など国内外で混乱が続く中、「若者の挑戦が人々を勇気づけた」と評価した。

2022年のヒット番付 拡大
2022年のヒット番付

 円安の進行や物価高騰が日本経済の足かせになったこともあり、西の横綱に選出したのは「値上げ対策・ミニマムライフ」。政府が新型コロナ対策の入国者数制限を撤廃したことなどを受け、西の張出横綱に「行動制限なし・水際対策緩和」を、西の小結に「祭り・イベント復活」をそれぞれ選んだ。

 同社は22年は「ウィズコロナ時代に突入した」と振り返った。【高田奈実】

あわせて読みたい

ニュース特集