特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

「米、ロシアの化学兵器使用を懸念」 米政治サイト報道

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ウクライナ南部ヘルソンに近い前線で砲撃するウクライナ兵=23日、AP共同
ウクライナ南部ヘルソンに近い前線で砲撃するウクライナ兵=23日、AP共同

 米政治サイト、ポリティコは23日、ロシアが侵攻するウクライナで占領地を失い続けた場合に、プーチン大統領が核戦力の行使に踏み切る前に、化学兵器を使用することをバイデン米政権が懸念していると報じた。同政権や米国防総省の当局者ら6人が情報源としている。

 国防総省は今秋、化学・生物兵器の脅威に備え、東欧諸国に軍部隊を刷新するためのチームを派遣したという。

 米政府は23日、ロシアによるミサイルや無人機(ドローン)による電力インフラを狙った攻撃が続くウクライナに対し、防空ミサイルなどを含む4億ドル(約559億円)規模の追加支援を承認したと発表した。

この記事は有料記事です。

残り371文字(全文643文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集