特集

ウクライナ侵攻

ロシア軍がウクライナに侵攻。米欧や日本は対露制裁を決めるなど対立が先鋭化しています。

特集一覧

ポーランド、防空強化へ ミサイル着弾、戦局拡大リスク露呈

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ミサイルが着弾したポーランド東部プシェボドフで行われた犠牲者の葬儀で遺影を掲げる軍関係者=19日、ロイター共同
ミサイルが着弾したポーランド東部プシェボドフで行われた犠牲者の葬儀で遺影を掲げる軍関係者=19日、ロイター共同

 ウクライナに隣接し、北大西洋条約機構(NATO)に加盟するポーランドに着弾したロシア製ミサイルは、NATOがロシアとウクライナの戦闘に巻き込まれ、戦局が拡大しかねないリスクを浮き彫りにした。加盟国の防空能力を高めるため、ドイツはポーランドに地対空ミサイル「パトリオット」の供与を表明した。

 ドイツ政府は21日、パトリオットの配備と戦闘機による哨戒飛行を実施することでポーランド政府と合意したと発表。ランブレヒト国防相は地元メディアで「NATOが戦争の当事者とならないようにすることが私たちの最大の責任だ」と強…

この記事は有料記事です。

残り383文字(全文638文字)

【ウクライナ侵攻】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集