ヤクルト・村上宗隆選手に熊本県民栄誉賞 「県民に大きな誇り」

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
記者会見で話すヤクルト・村上宗隆選手=東京都千代田区で2022年11月14日、三浦研吾撮影
記者会見で話すヤクルト・村上宗隆選手=東京都千代田区で2022年11月14日、三浦研吾撮影

 熊本県の蒲島郁夫知事は24日、プロ野球のセ・リーグで史上最年少の3冠王に輝き、日本選手最多のシーズン56本塁打を放ったヤクルト・村上宗隆内野手(22)に県民栄誉賞を贈ると発表した。12月28日に贈呈式を開く。同賞は10組目で、22歳は過去最年少。

 熊本市出身の村上選手は九州学院高で甲子園に出場。2017年、ヤクルトにドラフト1位指名された。19年に新人王を獲得し、21年の東京オリンピックでは日本代表の金メダルに貢献。今…

この記事は有料記事です。

残り318文字(全文530文字)

あわせて読みたい

ニュース特集