神奈川・秦野に88kgイノシシ、2人けが 市職員がやりで駆除

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
神奈川県秦野市立末広小学校の敷地内で発見されたイノシシ=秦野市提供 拡大
神奈川県秦野市立末広小学校の敷地内で発見されたイノシシ=秦野市提供

 24日午前9時過ぎ、神奈川県秦野市戸川の平和橋付近で、「イノシシを見た」と通行人から市に通報があった。その後、イノシシは市内の商業施設の敷地などにも出没し、男女2人が体当たりされるなど軽傷を負った。イノシシは約2時間後、橋から南東へ約5キロ離れた小学校の敷地で、捜索に当たっていた市職員にやりで駆除された。

 秦野署によると、24日午前10時ごろ、橋から南東へ約4・5キロの同市入船町のショッピングセンター「イオン秦野店」の敷地で、80代女性が突進してきたイノシシを避けようとして転倒。頭に軽傷を負った。立て続けに同市曽屋の路上で、30代男性がイノシシに体当たりされ、足に軽傷を負った。

 イノシシはその後、同市末広町の市立末広小学校の敷地に逃げ込んだ。午前11時ごろ、捜索に当たっていた市職員がやりで駆除した。イノシシは雄で、体長162センチ、体重88・6キロの大型だった。

 市はジビエ肉として食肉加工するといい、担当者は「この時期は発情期のため、イノシシを見つけたら近寄らず、市や警察に通報してほしい」と話した。【牧野大輔】

あわせて読みたい

ニュース特集