九州北部1000キロ疾走 クラシックジャパンラリー始まる

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
門司港駅に到着し、会場入りするクラシックカー=北九州市門司区で2022年11月24日午前10時35分、日向米華撮影
門司港駅に到着し、会場入りするクラシックカー=北九州市門司区で2022年11月24日午前10時35分、日向米華撮影

 福岡県や長崎県など九州北部の公道約1000キロをクラシックカーが駆け抜ける「クラシックジャパンラリー2022門司」が24日始まり、全国から集結した40台のクラシックカーが門司区の門司港駅前をスタートした。訪れた人は写真を撮るなどして、門司港レトロとクラシックカーのコラボレーションを楽しんだ。

 次世代を担う子どもたちにクラシックカーの魅力やそれを支える修理技術を伝えようと、イベント会社「インプレッション」(本…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文515文字)

あわせて読みたい

ニュース特集