オウム解散請求記録、東京地裁が廃棄 宗教法人法、数少ない先例

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
東京地裁=米田堅持撮影
東京地裁=米田堅持撮影

 地下鉄サリン事件などを起こしたオウム真理教に対する1995年の解散命令請求の関連記録を、東京地裁が廃棄していたことが24日、地裁への取材で分かった。和歌山県の明覚寺に対する解散命令の関連記録廃棄も判明。世界平和統一家庭連合(旧統一教会)への解散命令請求が現在焦点となる中、宗教法人法に基づき解散を命じた数少ない先例の記録廃棄が判明したことで、裁判記録の適切な保存を求める声がさらに強まりそうだ。

 裁判記録を巡っては、重要な民事裁判の記録廃棄が近年問題化したほか、重大少年事件の記録廃棄も各地の家裁で相次いで発覚している。

 最高裁は規定で、…

この記事は有料記事です。

残り634文字(全文904文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集