特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「シュート打つと決めていた」決勝ゴールの浅野拓磨 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、ドイツのニコ・シュロッターベック(右)を振り切り、勝ち越しゴールを決めた浅野拓磨=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影
【日本-ドイツ】後半、ドイツのニコ・シュロッターベック(右)を振り切り、勝ち越しゴールを決めた浅野拓磨=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日、強豪ドイツとの初戦に臨み、2―1で逆転勝利した。勝ち越しゴールを決めた日本の浅野拓磨(ボーフム)は「チャンスがあればシュートを打つとずっと決めていた」と語った。試合後の主なコメントは次の通り。

対戦相手は関係ない

 ◆チャンスがあればシュートを打つと、ずっと決めていた。その前にもいくつかチャンスがあった。それが結果につ…

この記事は有料記事です。

残り294文字(全文490文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集