特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

南野拓実「何かが起こる瞬間を信じていた」 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、喜ぶ長友佑都(中央)と南野拓実(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、喜ぶ長友佑都(中央)と南野拓実(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日、ドイツとの初戦に2―1で逆転勝利した。後半途中出場で同点ゴールに絡んだ日本の南野拓実選手(モナコ)は「サッカーでは何かが起こる瞬間があると信じていた」と語った。試合後の主なコメントは次の通り。

チーム力を証明できた

 --試合を振り返って。

 ◆素直にすごくうれしい。途中出場の選手が試合を決め、チーム力が僕たちにあることを証明できた。試合を通して苦しい時間帯が多かったが、サッカーでは何かが起こる瞬間があると信じていた。でもまだ1試合目。もう一度気を引き締めたい。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文748文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集