特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「衝撃の逆転負け」「恥さらし」 敗戦ドイツを地元メディアが酷評

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、喜ぶ長友佑都(中央)と南野拓実(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、喜ぶ長友佑都(中央)と南野拓実(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会で日本に敗れ、黒星スタートとなったドイツでは23日、地元メディアが敗戦を「衝撃の逆転負け」「恥さらし」などと酷評した。優勝候補ながら1次リーグで敗退した前大会の悪夢を予感させるとの指摘も出ている。

 ベルリンのスポーツバーには23日、平日の日中にもかかわらず、約150人のファンらが集結して中継を見守った。前半のドイツの先制点ではファンらが総立ちになって歓声を上げたが、日本が後半逆転すると店内は怒号が飛び交い、その後はため息に包まれた。「悔しい」との声も上がった。

 フィリップ・デンボウシュさん(31)は、強豪スペインが次の相手のため「この試合は勝たなければいけなかった」とうなだれた。

 ベルリン中心部で仕事帰りのマンフレッド・リンドマンさん(40)は「日本は勝利に値する戦いをしていた。ドイツは今回も敗退するのではないか」と悲観した。

 ウェルト紙は「消極的なドイツが日本相手に恥をさらした」と非難。フランクフルター・アルゲマイネ紙はスペインとの次戦を控え「もう敗退の危機」と報じた。

 …

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文571文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集