特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

圧巻の4連続シュートストップ 逆転劇を呼び込んだ守護神・権田修一

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、シュートに反応するGK権田修一(中央)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影
【日本-ドイツ】後半、シュートに反応するGK権田修一(中央)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日、ドイツに2―1で逆転勝利した。

 ドイツの猛攻に耐え続けた先に歴史的な勝利が待っていた。その立役者となったのがGK権田修一(清水エスパルス)だ。計26本のシュートを浴びながら前半に自身が与えたPKでの1失点に抑え、逆転劇を呼び込んだ。

 圧巻だったのは後半25分ごろの4連続のシュートストップだ。浮き球を使ってのペナルティーエリア内からのシュートや、鋭いミドルシュート。手を替え品を替えて攻め込まれたが、日本の守護神は冷静だった。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文854文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集