特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「野心」求めた監督 選手たちが応えて逆転劇 サッカー日本代表

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、堂安律(8)が同点ゴールを決め、喜び合う日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影
【日本-ドイツ】後半、堂安律(8)が同点ゴールを決め、喜び合う日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日、ドーハのハリファ国際競技場でドイツとの初戦に臨み、2―1で逆転勝利した。

 初めてW杯に臨む選手たちの、物おじしない姿勢が難局を打開した。0―1で折り返したハーフタイム。ベンチスタートだった浅野拓磨、南野拓実、堂安律はロッカールームで「全然、いける」と話していたという。相手は強豪のドイツにもかかわらず、だ。

 後半30分、投入されたばかりの南野が左サイドで相手DFの背後へ抜け出した。三笘薫からの縦パスをダイレクトでシュート。「速いシュート性のボールを打てば、何か起きるだろうと思ったので。信じて振り抜いた」。狙い通りに相手GKノイアーがはじいたボールを、堂安が詰めて追いついた。

この記事は有料記事です。

残り423文字(全文750文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集