特集

高校野球秋季大会2022

2022年の秋季高校野球トップページです。全国10地区で、新チームによる「秋の王者」が決まります。

特集一覧

大阪桐蔭が史上初の連覇 広陵に逆転勝ち 高校野球・明治神宮大会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【大阪桐蔭-広陵】優勝し喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=神宮球場で2022年11月24日、吉田航太撮影
【大阪桐蔭-広陵】優勝し喜ぶ大阪桐蔭の選手たち=神宮球場で2022年11月24日、吉田航太撮影

 明治神宮野球大会は24日、東京・神宮球場で高校の部の決勝が行われ、大阪桐蔭(近畿・大阪)が広陵(中国・広島)に6―5で逆転勝ちし、大会史上初の連覇となる2年連続2回目の優勝を果たした。広陵の初優勝はならなかった。

 大阪桐蔭が優勝したため、来春の第95回記念選抜高校野球大会の神宮大会枠は近畿地区が獲得し、近畿の出場枠は一つ増えて7校になった。【大東祐紀】

大阪桐蔭・西谷浩一監督

 (大会史上初の連覇に)去年の先輩たちが頑張ってきたものに一つ積み重ねることができてうれしく思う。

 (5点リードされる展開だった)守りのミスもあり、新チームの未熟なところが出た。広陵さんの気持ちに押されていて完全な負けゲームだったが、2番手の南陽、3番手の松井が粘って打線につなげ、最後は前田につなげることができた。

 夏に甲子園で負けた悔しさからこのチームはやってきた。勝ち切れたことは大きな財産。だが、このまま甲子園で勝てるところまではきていない。今日勉強したことを大阪に持ち帰って来年に備えたい。

【高校野球秋季大会2022】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集