特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

スポーツバーに日本vsコスタリカ観戦予約が殺到 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
サッカーW杯カタール大会の初戦で日本がドイツに逆転勝ちし、渋谷のスクランブル交差点で気勢を上げる若者ら=東京都渋谷区で2022年11月24日午前0時14分、手塚耕一郎撮影
サッカーW杯カタール大会の初戦で日本がドイツに逆転勝ちし、渋谷のスクランブル交差点で気勢を上げる若者ら=東京都渋谷区で2022年11月24日午前0時14分、手塚耕一郎撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会で強豪ドイツを破った日本の勝利から一夜明けた24日、国内では次戦に向けて期待の声が聞かれた。スポーツバーでは次のコスタリカ戦がある27日の予約が相次ぐなど、準備に追われている。

 東京のJR渋谷駅前ではドイツ戦があった23日夜、駅前広場でスマートフォンの試合中継を見るファンの周りに人が集まり、試合終了が近づくにつれて「あと1分」「頑張れ」と輪ができた。勝利の瞬間は歓声が上がり、周囲は「ニッポン」コールに包まれた。

 渋谷駅近くのスポーツバー「Fields」では、ドイツ戦終了後、日本の次戦がある27日の予約電話が殺到した。24日午前までに約130人の予約が入っているといい、店主の田中守さん(68)は「コロナ禍で客入りが落ち込んでいたが、ワールドカップをきっかけにようやく店の活気が戻ってきた。当日は、スタッフの数も通常の倍の6人にして、大勢のお客様の対応に専念したい」と話していた。感染対策をしながら観戦を楽しめ…

この記事は有料記事です。

残り505文字(全文935文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集