特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「存在が戦術」三笘薫、同点弾生んだ個の力 存在感・期待値十分

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、ボールを奪い合う三笘薫(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影
【日本-ドイツ】後半、ボールを奪い合う三笘薫(右)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日、ドイツに2―1で逆転勝利した。

 日本の攻撃の切り札であり、その存在自体が「戦術」とも称される。ドリブラーの三笘薫がピッチサイドに現れたのは、1点リードを許していた後半12分。普段に比べれば早めの投入だった。

 見せ場は後半30分を迎えようとしていた時だった。左サイドからドリブルで中へと駆け上がり、ペナルティーエリア付近で南野拓実が前へと動き出したタイミングでパスを出す。それが堂安律の同点ゴールにつながった。

 「(南野)拓実君が素晴らしい動きをして、その後は僕の力ではないですし、拓実君のシュートの可能性を信じて(堂安)律も(ペナルティーエリア内に)入った。チームとしての結果」と振り返った。

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文643文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集