特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。1次リーグ突破した日本は「新しい景色」を目指す。

特集一覧

長友佑都「次負ければ意味がない」 歴史的勝利から一夜明け

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、ベンチから駆け出す長友佑都(左から2人目)ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影 拡大
【日本-ドイツ】ドイツに勝利し、ベンチから駆け出す長友佑都(左から2人目)ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組で日本は23日に強豪ドイツとの初戦に臨み、2―1で逆転勝利した。試合後に興奮し「ブラボー」と絶叫していたDF長友佑都(FC東京)は一夜明けた24日、ドーハで取材に応じ、「初戦に勝ったことは非常に良かったが、次負ければ意味がない」と気を引き締めた。主なコメントは次の通り。

 ――一夜明けて反響は。

 ◆(友人らから)連絡はたくさんきました。「ブラボー」にあふれています。

【日本-ドイツ】後半、左サイドを駆け上がる長友佑都=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影 拡大
【日本-ドイツ】後半、左サイドを駆け上がる長友佑都=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 ――ドイツ戦勝利が日本サッカー界に与える影響は。

 ◆W杯で日本代表が躍動して結果を出すのはサッカー人気の向上に確実につながる。この4年間は人気の面でさみしい部分はあった。ここで一気に盛り上げていきたい。

 ――初戦勝利で、次戦が重要になる。

 ◆初戦に勝ったことは非常に良かったですが、次負ければ意味がない。勝っている時こそ気を引き締めないと足をすくわれる。(今日の)朝食(会場)ではみんな引き締まった表情でいた。次に向かって進んでいる。

 ――最終的に勝ち点で並ぶ可能性もある。次戦コスタリカ戦は大量得点を狙うか。

 ◆まずは勝ち点3を取らないといけない。大量得点を狙いすぎると逆に裏を突かれて足をすくわれる。

 ――ドイツ戦の出場でW杯の日本代表で単独最多の12試合目となった。

 ◆個人の記録はそこまで意識していない。チームが勝つことだけを意識している。記録はもちろんうれしいが、チームが勝つことがすべて。僕の心の中はそれでいっぱいで、喜びに包まれている。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集