特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

森保一監督、準備重ねた勝負の采配 「日本のため」選手と一体

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、選手に指示を出す森保一監督(中央)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影
【日本-ドイツ】後半、選手に指示を出す森保一監督(中央)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は23日、ドーハのハリファ国際競技場などで1次リーグがあり、E組の日本は、優勝4度のドイツを2―1で破った。W杯優勝経験のあるチームにW杯で勝つのは初めて。初出場以来、通算22試合目で初めてW杯で逆転勝ちした。

   ◇

 逆境にはすこぶる弱い。そんな負のイメージは消えていた。

 強豪ドイツとの一戦は大方の予想通り、ボールを圧倒的に支配されて防戦一方になった。前半33分にPKを与えて失点。反撃の兆しは見られず、万事休すかと思われた。

この記事は有料記事です。

残り885文字(全文1123文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集