特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。日本はスペイン・ドイツと同じ1次リーグE組に。

特集一覧

「4→3バック」森保ジャパン、準備の金星 大胆策、意識を共有

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【日本-ドイツ】後半、ドイツのニコ・シュロッターベック(右)を振り切り、勝ち越しゴールを決めた浅野拓磨=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影 拡大
【日本-ドイツ】後半、ドイツのニコ・シュロッターベック(右)を振り切り、勝ち越しゴールを決めた浅野拓磨=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会は23日、ドーハのハリファ国際競技場などで1次リーグがあり、E組の日本は優勝4度のドイツを2―1で破った。

 大胆な戦術変更が流れをがらりと変えた。日本は後半開始と同時に久保建英を下げて冨安健洋を投入し、4バックから3バックへ変更。これまで実戦ではほとんど使ってこなかった秘策が、反撃の合図となった。

 前半の開始直後こそ好機を作った日本だったが、その後はしたたかなドイツに主導権を握られた。システムを変更し、前線に人数をかけてピッチを幅広く使うドイツに翻弄(ほんろう)され、前半33分にPKから失点。攻撃に転じても余裕を持って対応され、シュートすらほとんど打てなかった。

 だが、素早いベンチの動きが難局を打開した。3バックとし、守備時は両サイドの長友佑都と酒井宏樹も最終ラインに下がって対応。相手の攻撃をがっちりと受け止める。

ドイツ戦の日本代表布陣の変化
ドイツ戦の日本代表布陣の変化

 「良い守備ができれば我々がボールを握れると、チームとして自信を持っていた」と森保一監督。相手の運動量が落ちる中、浅野拓磨や三笘薫、堂安律らスピードや技術のある選手を投入してたたみかけ、試合をひっくり返した。

 これまで日本は4バックを基本としてきた。6月以降の強化試合では終盤に3バックを何度か試したが、時間はごくわずか。だが森保監督はW杯で使う可能性があると選手に伝え、意識を共有していた。「(3バックで)自分たちもできるというのはある程度、分かっていた。森保さんが提示をしてくれて、選手はそれに対応するだけだった」と遠藤航。冒頭以外非公開としたドイツ戦4日前からの練習では、試合展開ごとにどう対応するか、徹底的に詰めて大一番に備えてきた。

 同点ゴールを挙げた堂安は胸を張る。「全て、自分たちが話し合っていた通りの内容になった。チーム全体の準備の勝ちかなと思う」。奇跡のように見えた勝利の陰には、周到な対策と、展開に合わせた臨機応変な対応があった。【ドーハ細谷拓海】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集