特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。1次リーグ突破した日本は「新しい景色」を目指す。

特集一覧

「勝ち点3でも安心できない」 森保監督、次戦に集中 サッカーW杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツ戦から一夜明け、取材に応じるサッカー日本代表の森保一監督=カタール・ドーハで2022年11月24日、細谷拓海撮影 拡大
ドイツ戦から一夜明け、取材に応じるサッカー日本代表の森保一監督=カタール・ドーハで2022年11月24日、細谷拓海撮影

 サッカー日本代表の森保一監督は、ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組初戦のドイツ戦での勝利から一夜明けた24日、ドーハ市内で取材に応じ、「大きな勝ち点3だと思っているが、いろいろなシミュレーションをしても、安心はできない。次が大事かなと思う」と気を引き締めた。

 森保監督はドイツ戦について、「攻撃ではアグレッシブに、守備では粘り強くやってくれた」と選手を評価。27日には次戦のコスタリカ戦が控えており、「出た結果に一喜一憂しすぎないということは言い続けている。次の試合に向けて最善の準備をしたい」と語った。

 酒井宏樹(浦和)は左太もも裏、冨安健洋(アーセナル)は右太もも裏にそれぞれ違和感を訴え、24日の練習には参加しなかった。【ドーハ細谷拓海】

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集