「音楽詩」45年 作曲家・吉岡しげ美さん 26日に記念コンサート

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「先人の女性たちの存在が、私を励ましてくれる」と語る吉岡しげ美さん=明珍美紀撮影
「先人の女性たちの存在が、私を励ましてくれる」と語る吉岡しげ美さん=明珍美紀撮影

 作曲家、吉岡しげ美さん(73)が、与謝野晶子ら女性の詩人、歌人らの詩や短歌に曲をつけ、ピアノで弾き語りをする「音楽詩」の活動が今年で45周年を迎え、記念のコンサートが26日、東京都港区赤坂1のサントリーホール・ブルーローズで開かれる。

 音楽大を卒業後、作曲の仕事に取り組んだ吉岡さん。「男性中心社会のなかで私たちの思いを歌にして表現したい」と1977年、28歳のとき、東北の女性詩人の詩をもとに曲づくりを始め、「音楽詩」の活動が始まった。以後も、与謝野晶子、金子みすゞらの作品や、「万葉集」「枕草子」などの古典作品も題材に取り入れ、これまで600以上のオリジ…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

あわせて読みたい

ニュース特集