東京の消費者物価、11月は3.6%上昇 40年7カ月ぶり伸び率

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影
総務省=東京都千代田区霞が関で、根岸基弘撮影

 総務省が25日発表した11月の東京都区部の生鮮食品を除く消費者物価指数(中旬速報値、2020年=100)は、前年同月比3・6%上昇の103・6だった。伸び率は前月の3・4%を上回り、4・2%だった1982年4月以来40年7カ月ぶりの大きさとなった。原材料価格の高騰や円安の影響で、生鮮食品を除く食料が6・7%上昇、電気・ガスなどのエネルギーは24・4%上昇し、家計にとって重い負担が続く。

 生鮮食品を除く指数の上昇は15カ月連続。上昇率は政府と日銀が目標とする2%を6カ月連続で超え、89年の消費税導入時の影響も上回った。

 食料の内訳は穀類10・5%、食用油などの油脂・調味料9・9%、菓子類6・6%、調理食品6・4%、外食6・1%と生活に身近な幅広い品目で上昇が目立った。

 エネルギーは電気代が26・0%、ガス代が32・5%と大幅に上昇し、…

この記事は有料記事です。

残り190文字(全文562文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集