チリ、新憲法制定へ再挑戦 左派ボリッチ大統領、正念場

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
アジア太平洋経済協力会議(APEC)中にカナダのトルドー首相との会談に臨むボリッチ大統領=バンコクで2022年11月17日、カナディアンプレス・AP
アジア太平洋経済協力会議(APEC)中にカナダのトルドー首相との会談に臨むボリッチ大統領=バンコクで2022年11月17日、カナディアンプレス・AP

 南米チリで、国民投票で否決された新憲法を巡る動きが再び加速している。与党・左派連合は、新たな草案を来年11月に国民投票にかける方針だ。2021年大統領選で当選し、新憲法は格差是正に必要と訴える左派、ボリッチ大統領にとっては正念場と言えそうだ。ただ野党は既に与党案の一部に難色を示しており、道筋は容易ではない。

この記事は有料記事です。

残り945文字(全文1100文字)

あわせて読みたい

ニュース特集