京都に師走の訪れ 南座で「まねき上げ」 3年ぶりの大入り祈願

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
吉例顔見世興行を前に、出演する役者の名前が書かれた看板を掲げる「まねき上げ」=京都市東山区で2022年11月25日午前9時1分、山崎一輝撮影
吉例顔見世興行を前に、出演する役者の名前が書かれた看板を掲げる「まねき上げ」=京都市東山区で2022年11月25日午前9時1分、山崎一輝撮影

 京都市東山区の南座で25日、師走の訪れを告げる恒例行事「まねき上げ」があった。12月4日に開幕する歌舞伎公演「吉例顔見世(かおみせ)興行」に出演する役者の名前などを記した看板「まねき」が、劇場正面に掲げられた。今冬は観客席のほぼ全てを販売し、関係者が3年ぶりの「大入り」を祈願した。

 新型コロナウイルス禍のため、昨年まで2…

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文338文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集