鵜匠の滑らない「足半」 受験生が持てば、最後まで踏ん張れる?

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
滑りにくい足半にちなんだ合格のお守り「ご鵜かく足半」=岐阜市長良の長良川うかいミュージアムで2022年11月25日午前11時53分、黒詰拓也撮影
滑りにくい足半にちなんだ合格のお守り「ご鵜かく足半」=岐阜市長良の長良川うかいミュージアムで2022年11月25日午前11時53分、黒詰拓也撮影

 本格的な受験シーズンを前に、岐阜市の伝統漁「ぎふ長良川鵜飼(うかい)」の魅力を伝える長良川うかいミュージアム(同市長良)は12月1日から、鵜匠(うしょう)が使う「足半(あしなか)」にちなんだ合格祈願のお守りを販売する。舟や川で転ばないために欠かせない履物で、「受験にも滑らない」との願いが込められている。

 足半は通常のわら草履の半分ほどの大きさで、かかとの部分がないのが特徴。鵜匠や船頭が作って漁で活用している。

この記事は有料記事です。

残り233文字(全文440文字)

あわせて読みたい

ニュース特集