特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

ドイツ戦で見せた日本サッカーの集大成 “35年目”の快挙の要因は

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
ドイツに勝利し、抱き合って喜び合う堂安律(中央)ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影
ドイツに勝利し、抱き合って喜び合う堂安律(中央)ら日本の選手たち=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月23日、宮武祐希撮影

 サッカー・ワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグE組の日本は23日の初戦でドイツに2―1で逆転勝ちした。

 同点ゴールに日本サッカーの良さ、特長が凝縮されていた。MF三笘薫選手(ブライトン)が左サイドでボールを持って、相手と対峙(たいじ)する。ドイツは三笘選手のプレーを研究済み。緩急をつけたドリブル突破を警戒して、2人がマークについた。

 これでMF南野拓実選手(モナコ)からマークが外れ、前線のスペースにフリーで飛び込むことができた。三笘選手からのパスを受け、素早くターンしてゴール前にボールを流し込む。GKノイアー選手(バイエルン・ミュンヘン)が懸命にはじくが、タイミングを計ってゴール前に入ったMF堂安律選手(フライブルク)が押し込んだ。ノイアー選手が触らなければ、ファーに飛び込んだFW浅野拓磨選手(ボーフム)の得点になっていたはずだ。

 一連のプレーのキーワードは「敏しょう性と連動性」。相手と向き合った三笘…

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文995文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集