初場所は125年ぶりの1横綱1大関に 九州場所、正代負け越しで

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
玉鷲(右)に押し出しで敗れた正代=福岡国際センターで2022年11月25日、徳野仁子撮影
玉鷲(右)に押し出しで敗れた正代=福岡国際センターで2022年11月25日、徳野仁子撮影

 大相撲九州場所13日目は25日、カド番の大関・正代が玉鷲に敗れて負け越しが決まり、来場所は関脇へ陥落することになった。これにより、来年1月の初場所は、1898(明治31)年1月の春場所以来、125年ぶりに1横綱1大関で迎えることがほぼ確定した。

 関取最年長の玉鷲のもろ手突きを浴び、まわしをつかむことすらできなかった。力なく土俵を割ると天を仰いで疲れ切ったような表情を見せ、取組後の取材にも姿を見せなかった。

 当時は横綱が力士の最高位として明文化されておらず、現行の番付制度では初めて。大関以上の力士が2人になるのは、横綱が空位で、大関が曙と小錦の2人だった1993年1月の初場所以来となる。

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文660文字)

あわせて読みたい

ニュース特集