特集

旧統一教会

安倍元首相銃撃事件を機に世界平和統一家庭連合(旧統一教会)に改めて注目が集まっています。

特集一覧

旧統一教会問題 影響されぬ日本政治を 有田さん講演 教団の巧妙さ指摘 広島 /広島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
旧統一教会について講演する有田芳生さん=広島市中区の広島弁護士会館で2022年11月3日午後2時20分、中村清雅撮影
旧統一教会について講演する有田芳生さん=広島市中区の広島弁護士会館で2022年11月3日午後2時20分、中村清雅撮影

 元参院議員でジャーナリストの有田芳生さん(70)は、世界平和統一家庭連合(旧統一教会)の問題を長年追及してきた。今月3日には中区で講演し、旧統一教会の巧妙な勧誘手法や、自民党との密接な関係の歴史を解説。一方で1990年代初頭以降、メディアがほとんど問題について報じてこなかった「空白の30年」があると指摘し、「旧統一教会に影響されない日本の政治をつくっていく必要がある」と訴えた。【中村清雅】

 有田さんは「(信者は)旧統一教会と名乗らない違法な伝道で勧誘を受ける。人生のふとしたはざまで旧統一教会は待っている」と勧誘手法を説明。街頭アンケートなどを装って住所と名前を聞き出し、その後自宅に行って悩み相談などをし、「人生の転換期」「先祖の因縁」などの言葉で勧誘する。教義は聖書の独自解釈に基づいており、「サタン(悪魔)に支配されている地上の財物を(創始者の)文鮮明(ムンソンミョン)氏を通じて神…

この記事は有料記事です。

残り1125文字(全文1522文字)

【旧統一教会】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集