関空の国際線旅客、10月は前年比13倍 制限緩和で急回復

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
関西国際空港=2019年9月22日撮影
関西国際空港=2019年9月22日撮影

 関西エアポートが25日発表した10月の関西国際空港の運営概況(速報値)によると、国際線旅客数は前年同月比で約13・7倍となる30万1808人だった。10月11日以降の水際対策の大幅緩和に伴い、インバウンド(訪日客)が急回復した。ただ新型コロナウイルス流行前の2019年10月と比較すると15・4%の…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

あわせて読みたい

ニュース特集