クリーニング工場に段ボール製ハンガー、採用は業界初 福岡

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
段ボールを100%使用したハンガー=アルサ提供
段ボールを100%使用したハンガー=アルサ提供

 福岡県行橋市の大国段ボール工業と福岡市のクリーニング会社「アルサ」が、クリーニング工場のワイシャツ包装機で使える段ボール製ハンガーを開発した。アルサが同市博多区で経営する「そらいろクリーニングファクトリー」全4店舗で順次使用を開始。プラスチック製ハンガーから切り替えることで、プラごみ削減を図る。工場のラインで採用されるのは業界初だという。

 福岡県リサイクル総合研究事業化センターが、新ビジネス創出や再生可能資源への代替に向けて両社をマッチングさせ、ハンガー開発が実現した。

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文529文字)

あわせて読みたい

ニュース特集