ガルージン前駐日大使、ロシア外務次官に任命 東アジア政策担当か

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
 ミハイル・ガルージン氏(共同)
 ミハイル・ガルージン氏(共同)

 ロシアのプーチン大統領は25日付の大統領令で、ガルージン前駐日大使を外務次官に任命した。ロシア外務省では「第1外務次官」が事務方のトップに立ち、その下に9人の「外務次官」が配されている。ガルージン氏は東アジア政策を担当する見通し。

 ソ連時代を含めて日本に4回駐在したガルージン氏は、流ちょうな日本語を操り、ロシア外務省きっての知日派として知られた。近年のロシア外務省では中国に精通した外…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文487文字)

あわせて読みたい

ニュース特集