台湾地方選 与党・民進党、惨敗 蔡英文総統が党主席を引責辞任

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
統一選の惨敗を受け、党主席の辞任を表明して頭を下げる台湾の蔡英文総統(左)=台北市で2022年11月26日、ロイター
統一選の惨敗を受け、党主席の辞任を表明して頭を下げる台湾の蔡英文総統(左)=台北市で2022年11月26日、ロイター

 台湾の統一地方選が26日、投開票された。与党・民進党は焦点の21県市の首長選で5勝にとどまり、惨敗した。蔡英文総統は同日夜、党主席(党首)を引責辞任すると表明した。対中融和路線を取る最大野党・国民党は2020年総統選での大敗後、党勢低迷に苦しんできたが、今回の大勝で歯止めをかけた。

台北市長選は蔣万安氏が初当選

 蔡氏は同日夜の記者会見で「この結果を謙虚に受け止め、私が全責任を取り、党主席を辞任する」と述べた。総統職にはとどまる。今後、党主席選が実施される見通し。今回は対中政策は争点になっておらず、中国に厳しい姿勢を取る蔡政権の路線に変わりはない。

 統一地方選で国民党は全21首長選に、民進党は金門県を除く20の首長選に候補を擁立した。中でも重要な6直轄市で国民党は北部の台北、新北、桃園、中部の台中の計4市で勝利。台北市長選では蔣介石のひ孫で元立法委員(国会議員)の蔣万安氏(43)が初当選を決め、8年ぶりに台北市長のポストを奪った。南部の台南、高雄では民進党現職が市長ポストを死守した。

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1466文字)

あわせて読みたい

ニュース特集