愛に包まれ成人に 児童養護施設出身者らへ、晴れ着の記念撮影

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
晴れ着姿で行われた「二十歳の振袖プロジェクト」の撮影=広島県福山市鞆町で2022年11月25日午後0時20分、藤田宰司撮影
晴れ着姿で行われた「二十歳の振袖プロジェクト」の撮影=広島県福山市鞆町で2022年11月25日午後0時20分、藤田宰司撮影

 児童養護施設などで育った若者らに成人の記念写真を贈る「二十歳の振袖プロジェクト」の撮影が25日、広島県福山市鞆町であった。

 さまざまな事情で成人式に晴れ着を着るのを諦めた若者らに、好きな衣装、好きな場所で撮った「今この時の私」の写真をプレゼントする企画。特定非営利活動法人どりぃむスイッチが呼びかけ、衣装は骨董&ギャラリー喫茶「蔵」が貸し出し、着付けやメークは美容室ロアール、撮影はプランニングオフィスキクチが協力した。

 この日は辻が花模様の振り袖を着た石川美月さん(20)が撮影に臨んだ。石川さんは家庭の事情で18歳の時に親元を離れ、現在はアルバイトをしながら自立援助ホームで暮らしている。実家にいた時に予約していた晴れ着は着られず、今年5月の成人式にも出席しなかったという。身につけた振り袖は「色合いや品のいい感じが気に入り選んだ」といい「きれいに着せていただいた。将来はイラストレーターとして活動できるようになりた…

この記事は有料記事です。

残り144文字(全文555文字)

あわせて読みたい

ニュース特集