認知症新薬の実用化に備え、医療体制整備を 関連6学会が提言

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 製薬大手エーザイと米企業による新薬「レカネマブ」をはじめ、認知症のアルツハイマー病の症状進行を抑えるさまざまな薬が開発されていることを受け、日本老年精神医学会など関連6学会は26日、こうした薬が実用化された場合、対象者が早期の患者に限られることや、検査や治療が高額になることを指摘、普及には医療体制整備が必要だとする提言を共同で発表した。

 薬はアミロイドベータという脳にたまるたんぱく質を除去するタイプが主流。症状が出る20年以上前から蓄積が始まるとされ、…

この記事は有料記事です。

残り308文字(全文537文字)

あわせて読みたい

ニュース特集