「山本山のおばあちゃん」25年連続渡来 琵琶湖で越冬のオオワシ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
25年間連続で渡来したオオワシ「山本山のおばあちゃん」=湖北野鳥センター提供
25年間連続で渡来したオオワシ「山本山のおばあちゃん」=湖北野鳥センター提供

 「山本山のおばあちゃん」と親しまれる雌のオオワシ1羽が26日、長浜市湖北町今西の山本山(標高324メートル)に渡来した。湖北野鳥センターが翼の模様などから「おばあちゃん」と確認。このオオワシは、1997~98年シーズン(98年1月)に初確認され、今季で25年間連続(26回目)の渡来となる。渡来日は昨年より7日遅かった。

 この日は好天に恵まれ、渡来を予想した20人を超える愛鳥家が朝から山本山のふもとでカメラを構えた。オオワシは午後0時50分に渡来し、山本山上空や西側を6分ほど旋回した後、ねぐら入りした。

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文610文字)

あわせて読みたい

ニュース特集