鹿児島・出水で新たに鳥インフル疑い 47万羽飼育、自衛隊要請も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
鹿児島県出水市
鹿児島県出水市

 鹿児島県は26日、採卵鶏約47万羽を飼育している出水市の養鶏場で、新たに高病原性鳥インフルエンザが疑われる事例を確認したと発表した。遺伝子検査で陽性と判明すれば、殺処分する。1回当たりの殺処分数としては県内過去最多となり、自衛隊に派遣を要請する方向で調整している。

 県によると、26日午前、養鶏場から農協…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文352文字)

あわせて読みたい

ニュース特集