特集

サッカーW杯・カタール2022

サッカー・ワールドカップカタール大会が11月20日に開幕。4年に1度の世界最高峰の戦いの様子をお伝えします

特集一覧

「もっとうまくやれる」 オランダ、格下相手に何とかドロー W杯

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
【オランダ-エクアドル】前半、ドリブルで仕掛けるもエクアドルの堅い守備に阻まれるオランダのF・デヨング(中央左)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月25日、藤井達也撮影
【オランダ-エクアドル】前半、ドリブルで仕掛けるもエクアドルの堅い守備に阻まれるオランダのF・デヨング(中央左)=カタール・ドーハのハリファ国際競技場で2022年11月25日、藤井達也撮影

 サッカーのワールドカップ(W杯)カタール大会1次リーグA組は25日(日本時間26日)、オランダが1-1でエクアドルと引き分けた。

 試合終了の笛を聞いたオランダの司令塔F・デヨングはボールを宙に蹴り上げ、いら立ちをあらわにした。勝てば1次リーグ突破一番乗りになるはずだった。ふたを開ければ格下に押し込まれ、ドローで終わらせるのが精いっぱいだった。

 最初のチャンスはきっちり仕留めた。前半6分、ペナルティーエリア手前で相手のバックパスを奪ったクラーセンがハクポに預けると、23歳の新星はそのまま豪快に左足を振り抜き、2戦連続ゴールで幸先良く先制に成功した。

この記事は有料記事です。

残り417文字(全文694文字)

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集